私のイチオシ!のお好み焼き屋さんをご紹介します。

2017年03月13日 19:14
皆様こんにちは。社長のヒタニです。

今日はお客様からご質問の多いこの事についてお答えいたします。





「お好み焼きでオススメはどこですか?」




この質問、非常に多いんです。また同時に悩みます。

広島の方々はそれぞれお好み焼きに対してこだわりがあるので一概には言えませんが、今日は私がこの廿日市市内で一番おいしいと思うところをご紹介いたしますね。

広島市内に行けばいろいろお店もありますし、「みっちゃん」や「麗ちゃん」、「八昌」などの有名店がございます。(間違いなくどれもおいしいです)

しかしお客様の質問を聴いていると「地元の方がおススメする」というのを聴きたいのがひしひしと伝わってきます。ガイドブックなどに載っているところではなく。

という事で私の一番のオススメはこちらのお店です。

tetujiro8.JPG

「TETSUJIRO」(テツジロ)さんです。

場所は廿日市市の東端にある「山陽女学園」の門の道を挟んだところにございます。当館から車で約25分の場所にあります。

私は所用でよく市役所や保健所に行くことがありますが、結構な確率でここに通っています。

広島のお好み焼きは麺や焼き方、具などいろいろ種類があるのですが、ここは生めんを使っていて1枚1枚丁寧に焼いていきます。

tetujiro1.JPG
まずは生地を作り、その後キャベツや豚肉を入れてかなりの時間蒸します。

ここにとにかく時間をかけることがおいしさの秘訣のようです。

その後、生めんを茹で、鉄板で麺をほぐしていきます。

tetujiro2.jpg

華麗な手さばき。

このころになるとヘラとソースが運ばれてきます。

じわじわとその時を待つ高揚感が隠せません。

唾液が必要以上に生まれ、口の中は水分で満たされます。
tetujiro4.jpg
その後、蒸された先程の具をそばの上にのせ、卵を割って焼き上げると完成です。一枚の完成まで約30分近くかけます。

てつじろ.jpg
卵はやや半熟に仕上げてあり、生地や麺はパリパリ系。

tetujiro5.jpg
丁寧に焼き上げた渾身の一枚。

ヘラでハフハフ言いながら食べるのが、もちろん広島流。

麺も生地もおいしいのですが、一番おいしいのがキャベツ!

蒸すことに相当時間をかけていましたが、そのことによってキャベツの甘さがものすごく引き出されています。

特に今の時期は最高に甘いらしいので、皆様実際に行ってご賞味ください。驚きますよ。

ここは30代のマスターが一人で切り盛りしているので忙しい時などは少々時間がかかります。ご了承ください。

またマスターは少々照れ屋なところもあるので、いわゆる観光客向きではないかもしれません。(悪く言えばぶっきらぼう。ゴメンね(*^^*))

でも話を聞くといろいろしゃべってくれますのでご安心を。

という事で廿日市市内で私が一番オススメのお好み焼き屋さんのご紹介でした(*^^*)



最後に・・来店時に「宮浜のブログで見ましたよ」って言ってみてください。

おそらくマスターも心を開いて、「ニヤ」っとスマイルで返してくれることでしょう。


もう一度場所のおさらいです。

車であれば国道二号線を進んで廿日市高校の交差点の次の信号を左折します。川沿いの道を進むと、左側にお店があります。

tetujiro9.JPG
駐車場は手前の青い外観のお店のもう一つ手前側。

共同の駐車場で5~6台しか止められないのでこれが唯一のネックでしょうか。

お近くの方は電車もおすすめです。

tetujiro10.JPG

広島電鉄の山陽女子大前電停で下車して、徒歩2分くらいのところです。

当館を発って宮島観光後、広島原爆ドームへ行くならここで途中下車してここでお昼もアリですね。

という事で皆様ぜひ足をお運びくださいませ!!


Copyright(c) 2012~ Miyahama Grand Hotel All Rights Reserved. Support by Diamond Life.